MVNOと契約する場合の注意点

MVNOとは、MobileVertualNetworkOperaterの頭文字を繋ぎ合わせたもので、日本語に翻訳すると仮想移動体通信事業者となります。
いわゆる格安スマートフォンという通信利用料が大手のキャリアと比較した場合に格安の利用料を提供している会社が中心となります。
昨今ではテレビコマーシャルなどで利用料金の安さをアピールする複数の会社がありますがこれらがMVNOに該当します。



これらの会社が通信利用料を格安で提供できる理由としては、スマートフォンの電話やメール、アプリを使用するためには無線通信回線設備、いわゆる電波塔などのハード設備が必要となりますが、これらの設備を自前で構築することをせずに大手キャリアが設置したこの電波塔を利用させてもらい、その電波塔で飛ばせる電波の一部を利用させてもらう仕組みで通信サービスを提供しているからです。



建設コストを回収しないと利益が上がらないという仕組みではないところから大手キャリアと異なり、格安の利用料でも利益が上がる構造となっているのです。



ただ、大手キャリアの電波の一部を利用させてもらうという仕組みから様々な制約があり、例えば通信容量に制限を設けて、その容量を超えるような場合には別途その容量を購入するといった考え方でサービスを提供している会社があるので、格安といえどもその利用方法によってはそこまで安くならないという場合もあります。

その場合には、各MVNOの会社が提供する契約内容を確認して最適な契約を選ぶ必要があります。